金融機関に預金が集まり続けている。銀行や信用金庫などの預金残高は2017年3月末時点で、過去最高の1053兆円となった。 <br /> 日銀のマイナス金利政策で金利はほぼゼロにもかかわらず、中高年が虎の子の退職金や年金を預け続けている。 <br /> 預金は銀行の貸し出しの原資だが、今は活用されないまま積み上がる「死に金」。沸き立たぬ日本経済の今を映し出す。 

管理人コメント

日本の景気が動かないのは、金融機関の責任もあると思う。バブル景気とまで行かないけど、民間中小企業融資を解放すべきでは。

出来なければ、融資専用銀行が行うべきだと思う。