在宅ワークってどうなのだろう。
時間管理しないといけないからメリハリが大切だと思うけど、みんなどのようにこなしているのだろうか。得意先を持っている方は良いのだけども、一から全て開拓して行くとなると大変だ。

と言うわけで、気団でも下記のような生活面の悩みも含めて検証してみます。

kidanmatome.blog.jp

f:id:alex888:20170413132423j:plain

 

まず、お仕事を探そうとすると検索で「在宅ワーク」等の言葉で検索されると思いますが、大手で言えば下記の3社があります。

 

crowdworks.jp

www.shufti.jp

www.lancers.jp

 

 スキルによって受けれる仕事が変わってくるのですが、営業して仕事を取りに行くのと違い良いかもしれません。もう少しライトな感じで言えば
「ココナラ」 

等に登録して特技を生かすのも初めの一歩で良いかもしれません。

手数料は30%と高めですが、こちらのスキルを提示して購入される仕組みなので通常の在宅ワークと逆かもしれませんね。

 

それでは、こちらから案件に申し込むクラウドワークスとは

会員登録から応募までは0円です。
契約→仕事完了→報酬確定→報酬金額の5%〜30%
のシステム使用料が掛かるという仕組みです。

(1)会員登録の際に必要なもの

①パソコン(ログインはスマホタブレットからも可能)
②銀行口座(ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパネット銀行など)
③身分証明書(運転免許証、保険証、パスポートのいずれか)
本人確認は強制ではないですが発注者からの信頼を少しでも得たいなら
提出しておいたほうが良いと思います。
注意「クラウドワークス、ランサーズ共に会員登録は18歳以上」


(2)プロフィールやスキルはどこまで書けばいい??

初心者の人が一番躊躇しやすい部分ですがプロフィールは書ける範囲で書けば良いと思います。
例えば、子育て中なので作業時間はこれくらいとか。
過去にこんな仕事をしてましたとか。
こんな仕事に興味がありますとかですかね・・・
パソコン、web関連のスキルがあれば書いておきましょう。


(3)仕事の形式を理解しよう。*プロジェクト(※固定報酬)*

※「固定報酬制」は、仕事の契約時に成果物に対する報酬額を決め、成果物に対して報酬を支払う発注方法です。募集時の提示金額をふまえ、クライアント(発注者)様・メンバー(受注者)様間で条件交渉を行い、最終的な金額を決定します。
出典
【時給制02】プロジェクト形式「固定報酬制」と「時給制」の違い | クラウドソーシングレポート |
プロジェクト形式はある程度経験やスキルがある人向けでもあるのですが初心者でも出来る仕事も比較的多く未経験でも応募しやすいと思います。報酬もタスクに比べれば高めですし、真面目に仕事をすれば継続契約の話も出てきますのでオススメです。報酬額は5000円〜10,000円の間が多いです。仕事のジャンルはライディングとデータ入力が圧倒的に多いです。


タスク形式とは?
いきなりプロジェクト形式でやっていく自信がない人は、とりあえずタスク形式の仕事で様子を見るもの良いと思います。タスク形式はアンケートや簡単なライディングなどのがメインなので空き時間を利用して作業する事が出来ます。ただ、報酬額は1円〜稀に2000円程度もあるけど基本的には少なめです。

 

(4)安全な在宅ワークをするために出来ることは?

トラブルに巻き込まれないためには・・・
クラウドソーシングは発注者と受注者の間に会社が入る形で取引をするため安全だと言われて
いますが100%信頼するのは危険です。私も、毎日2社の仕事募集を見ています怪しいそうな
業者はいますね。クラウドソーシング会社も警告しているように「未経験者も月に数十万円稼げる」「初心者でも簡単に稼げる」などの上手い話には必ず罠があるので注意が必要です。
初心者は高額報酬ではなく在宅ワークとして安全に仕事に取り組むほうに力を入れたが賢明です。
案件の内容に疑問や不安があったら応募する前に発注者に質問してみるのも重要です。

(5)どんな種類の仕事があるのか?!

「データ入力」
在宅ワークの定番「データ入力」。一つにデータ入力と言ってもジャンルは多様でECサイト
商品情報を入力したり病院や大学など情報や個人情報を入力する仕事などがあります。
単純な作業ですがミスなく入力できる真面目な人向けです。

WEBライディング
まとめサイトの記事やブログなどの文章作成や口コミなどを文章にする仕事などがあります。書くジャンルは美容、ファッション、生活、料理など幅広いジャンルで募集をしています。
自分で調べて自分の言葉で書くことが得意な人向けです。

事務やサポートスタッフ・調査
メール対応や電話サポートなどの事務作業や店舗の覆面調査などがあります。
メールや電話はマニュアルや定型文があるので難しいことはないと思いますが
時間に余裕がある人じゃないと難しそうです。

(6)在宅ワークをするのに必要な道具

*インターネットに接続された自分専用のパソコン

*ウイルスソフト
*ワードやエクセル
Googleアカウント

(7)仕事をする時は「ほ・う・れ・ん・そ・う」が最重要です。

社会人にとっては常識なことですが顔を合わせないで行う在宅ワークはより報・連・相はとっても大切です。作業進めるうちに分からないことも出てきますし、作業内容の変更はよくあります。子育て中の人なら子供が熱を出して面倒をみなきゃいけないなどのトラブルも出てきた時には必ず

報・連・相しなければなりません。そんな事で連絡したら発注者に怒られたりしないかと思われるかもしませんが経験上、柔軟に対応してくれる人のほうが圧倒的に多い印象があります。
発注者が一番嫌がるのは報・連・相が出来ない人だと思うのでこれだけは気をつけましょう。


一人じゃ不安な人は国の支援を利用しよう

在宅ワークに関する総合支援サイト「ホームワーカーズウェブ」厚生労働省委託事業 | ホームワーカーズウェブ

homeworkers.mhlw.go.jp


在宅ワークに関する総合支援サイト「ホームワーカーズウェブ」(厚生労働省委託事業)では、在宅ワークを始めたい方や在宅ワークをすでに始めている方々、さらには在宅ワークの仲介機関や業務の発注企業(発注者)向けに有益な情報の提供に取り組んでいます。