VIPPER男の2ちゃんねるまとめ意見

VIPPERの雑談やニュース等の2ちゃんねるまとめに対する管理人の意見を掲載していきます。

VIPPERな男話では、ニュー速VIP+やニュー速+
を中心に独自の見解の意見を掲載しています。

アパホテル、客室に南京大虐殺否定本 中国からの批判殺到に「一方的な圧力」と撤去は拒否

 南京大虐殺を否定する内容の書籍を日本の「アパホテル」の客室に置いていたとして、 

中国のネット上で激しい批判にさらされているアパグループが2017年1月17日夕、「書籍を客室から撤去することは考えておりません」などとする見解を発表した。

 問題となったのは、アパグループ代表の元谷外志雄(もとや・としお)氏(73)が執筆した『理論近現代史学』というシリーズ本。文中には「南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らか」といった主張が綴られていた。

 

f:id:alex888:20170118124443j:plain

 

アパホテルの主張

●「本当の歴史を知ることを目的としたもの」
●「著者(=元谷代表)が数多くの資料等を解析し、理論的に導き出した見解に基づいて書かれたものです」
「国によって歴史認識歴史教育が異なることは認識していますが、本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたものです」

「異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません。日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます」

なお、見解文の末尾には、元谷代表が執筆した『理論近現代史学』の中で、南京大虐殺の存在を否定する記述を1300字以上にわたって引用。その上で、見解文の中では、事実に基づいて本書籍の記載内容の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたいと考えています」と呼び掛けていた。

 

■中国ネット「アパホテルだけは使わない」

 騒動のきっかけは、中国人男性と米国人女性のカップルが1月15日に中国のSNS「微博(ウェイボー)」へ投稿した1本の動画だった。

 日本旅行アパホテルに宿泊したという2人は、客室に南京大虐殺を否定する内容を含む書籍」が置かれていたとして、その内容を英語で読み上げる中国語字幕付きの動画を投稿。動画の冒頭では、

  「この事実を知った上で、アパホテルに宿泊するかどうかを決めるべきだ」

などと呼びかける場面もあった。この動画は1月17日18時時点で7800万回以上再生され、3万件以上のコメントが付いている。

 こうした動画が拡散されたことで、中国人ネットユーザーからは批判が噴出。ウェイボーには、

 「日本に旅行に入った際には、アパホテルだけは使わない」
 「今後、アパホテルは使わない。友人にも知らせる」
 「(アパホテルが)中国に進出しないことを祈る」

といった怒りの書き込みが数多く寄せられている。

 

管理人のコメント

 日本には言論の自由がある。独自で研究を重ねた結果を発表する機会も与えられているので否定するのも肯定するのも自由だ。ただ、今回火種になった中国人男性と米国女性の意図がどこにあるのか疑問に思う。炎上で表示回数を増やすネタにしようと思っているだけだとも感じられる。態々、英語で読んで中国語で字幕付けてまでする人間が日本に来てお金を使って帰るわけが無い。
事前に情報をどこかから得ていたと考えるべきではないだろうか。
 やや、私の意見も飛躍してしまっているのだが、個人的にはアパホテル利用しても良いのかなと思った。只でさえ、日本は条約違反などされているのに、言論の自由まで外圧に負けて主張を取り下げるようでは国体を維持できてるとは言えない。
 

f:id:alex888:20170118125202p:plainwwwwwww