VIPPER男の2ちゃんねるまとめ意見

VIPPERの雑談やニュース等の2ちゃんねるまとめに対する管理人の意見を掲載していきます。

VIPPERな男話では、ニュー速VIP+やニュー速+
を中心に独自の見解の意見を掲載しています。

横須賀市長上地氏はタレントの上地雄輔さんの父(神奈川県)

市議の上地克明氏(63)=無所属・新/自民、民進、公明推薦=が、吉田雄人氏(41)=無所属・現=、共産党地区委員長の林伸明氏(51)=無所属・新/共産推薦=を破り初当選。

 (25日投開票)
 上地氏は、タレントの上地雄輔さんの父、吉田氏をめぐっては、市選挙管理委員会から公職選挙法違反(寄付行為の禁止)に当たる恐れがあると指摘されたにもかかわらず、観光業者に提示すると料金が割り引かれる特典を記載した名刺を配布していたことが発覚。市議会が5月に辞職勧告を決議していた。決議に法的拘束力はない。

管理人コメント

上地雄輔さんの父親が政治家として活躍されていたとは思わなかったな。

解雇の可能性が濃厚!?結婚も発表したNMB須藤

17日に開票イベントが行われたAKB48の第9回選抜総選挙で、総選挙史上に残る“爆弾発言”で話題をさらったNMB48・須藤凜々花(20)は18日、沖縄県内で、17~32位のメンバーによる「アンダーガールズ」として、雑誌のグラビア撮影に参加。夜に那覇空港から東京に移動した。

須藤は那覇空港で報道陣に対応。「また後日、自分の口で話します。よろしくお願いします」とだけ話し、質問には答えず沖縄を後にした。帰京時には、胸に英語で「ちきしょう!」といった意味を表すスラング「DAMN」と書かれたTシャツを着用した。


f:id:alex888:20170619112907j:image

 須藤に対しては、元AKB48の大島優子(28)が、インスタグラムのライブ放送で「F」で始まる4文字のスラングが書かれた帽子を用いて「私のすべての言葉」と怒りを示していた。

 過去の事例から、結婚も発表した須藤がグループに残る可能性は極めて低い。早ければ19日にも行われる会見をもって事実上の「解雇」となることが濃厚で、この日撮影した「アンダーガールズ」の写真が使用できなくなる可能性も浮上する。

管理人コメント

もはや、これを許すとコンセプトが崩れて他のメンバーにも過去在籍したメンバーにも迷惑かけるでしょ。

基本は解雇の抹消でしょ。

スクープされる分には仕方がないが、投票券を購入させて投票貰ってるのに開票当日に結婚します発言は詐欺行為でしょ。

炎上ではなく詐欺!

放置をすれば全員詐欺アイドル扱いされると思う。誰と誰が結婚しようと自由だが最低限のビジネスも守れないならグループ自体の存在意義が問われるのではないか?

個人的には、彼女に投票した方には弁済すべきでは無いかと思う。

リスクが薄いから身勝手な行為が出来る。夢を売るなら脱退するまで夢を見せるのが契約では無いのかと思う。

 

NMB48 5th & 6th Anniversary LIVE [DVD]

NMB48 5th & 6th Anniversary LIVE [DVD]

 
NMB48 4 LIVE COLLECTION 2016 [DVD]

NMB48 4 LIVE COLLECTION 2016 [DVD]

 

 

結婚発表のNMB須藤凜々花「週刊文春デジタル」が熱愛デートを取材していた!

6月17日のAKB48選抜総選挙で20位にランクインし、スピーチで唐突に「初めて人を好きになりました。結婚します」と宣言したNMB48の人気メンバー・須藤凜々花(20)。「週刊文春デジタル」では須藤の熱愛お泊まりデートを取材・撮影していた。

 偏差値67で夢は「哲学者」と語る才女の須藤を射止めたのは、医療関係の仕事に就く一般男性。6月8日夜、ラジオの生放送を終えた須藤は、渋谷の109で買い物を済ませ、タクシーで豊島区の彼の自宅へ。須藤が再び姿を現したのは、翌9日の午後6時だった。

 直撃取材に対し、男性は「友人もいました」と答えたが、取材班は2人以外の部屋への出入りを確認していない。須藤の所属する事務所に事実確認を求めたが、期日までに回答はなかった。

 須藤は総選挙のスピーチで、今後について「NMB48の大人たちと発表します」などと話した。

 熱愛デートの模様や、結婚発表の内情については、6月17日20時より生放送するインターネット番組「文春砲Live」で詳報する。

 

管理人コメント

タイミングが良いと言うのか……

報道前に言い逃げって、AKBビジネスってどうなってるの?せめて1票幾らで販売してるのにいい加減な事をして良いのかな。

 

進化の果てにあるものは

 進化の果てにあるものはと言う話は時折かたられて来ましたが、実際はどうなのだろうか?人類がこのままの状態で進化を進めるのは信じられない。先進国である以上人権を守るのは大事だが、現代でさえ都合良く利用されてる。しかも少子化で劣化遺伝子(男性遺伝子)の複製数も減って理論上女性だらけの世界が来るかもしれない。と言っても私たちの生きてるうちではないと思うけど。

そのうち、遺伝子操作された人間が誕生するかもしれない。新たな生物の創造がなければ人類的な存在が消えるかもしれない。

研究者もAIとか目先の研究もいいが、色んな意味でも生物遺伝子研究も必要かもしれない。食糧も必要だからね。

預金残高は2017年3月末時点で、過去最高の1053兆円

金融機関に預金が集まり続けている。銀行や信用金庫などの預金残高は2017年3月末時点で、過去最高の1053兆円となった。 <br /> 日銀のマイナス金利政策で金利はほぼゼロにもかかわらず、中高年が虎の子の退職金や年金を預け続けている。 <br /> 預金は銀行の貸し出しの原資だが、今は活用されないまま積み上がる「死に金」。沸き立たぬ日本経済の今を映し出す。 

管理人コメント

日本の景気が動かないのは、金融機関の責任もあると思う。バブル景気とまで行かないけど、民間中小企業融資を解放すべきでは。

出来なければ、融資専用銀行が行うべきだと思う。

食べログレビュアー「うどんが主食」が「高評価飲食店」から過剰接待

1: trick 2017/06/07(水) 18:51:14.57 id:CAP_USER9
食べログレビュアー「うどんが主食」が「高評価飲食店」から過剰接待 (文春オンライン) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170607-00002822-bunshun-soci

6/7(水) 16:00配信

 グルメサイト「食べログ」でカリスマレビュアーとして知られる「うどんが主食」氏(以下、うどん氏)が、自らが高評価をつけているレストランのオーナーから過剰接待を受けていることが週刊文春の取材で分かった。

 うどん氏はステーキ店「ウェスタ」(東京・日本橋)に「4.8」の高得点をつけ、〈私はここ以外ではステーキ食べたくありません〉と絶賛しているが、この店のオーナー、小林達彦氏と銀座のクラブで豪遊していたという。
 

 二人が訪れたクラブのホステスが明かす。

「店でのうどん氏は楽しそうで、自ら持参した『うどんが主食』ステッカーをいろんな女の子の携帯に貼りまくっていました(笑)。会計は当然、小林さんです」

 ウェスタ関係者もこう言う。

「うどん氏はウェスタでも食事代を奢ってもらっています。ロマネ・コンティで知られるDRC社の各ワインをはじめ、シャトー・ラトゥールオーパス・ワンなど数十万~百万円以上の最高級ワインも奢りです。小林氏からはブルガリの時計もプレゼントされている」

 うどん氏を直撃した。

──銀座で豪遊していますね。

「行ってますけど、それがどうしたんですか?」

──高級クラブで小林氏から接待を受けましたね。

「マジで!? オレ忙しくてさ、改めてでいいですか」

──高級ワインも奢られた。

「ええ……」

 食べログガイドラインでは、もし接待を受けた場合は「通常利用外口コミ」として投稿しなければならないが、うどん氏のレビューにその表記はない。詳細は6月8日(木)発売の週刊文春が報じる。

週刊文春」編集部
続きを読む

10年足らずで100社以上が廃業。 「モヤシ部門は赤字。企業努力も限界です」モヤシの値段が安すぎる

 モヤシの値段が安すぎるとして生産者団体が取引先のスーパーなどに値上げを求めている。原料が高騰する一方、商品価格が上がらず、10年足らずで100社以上が廃業。「このままでは食卓から消えてしまう」と訴える。家計の味方はどうなってしまうのか。

 4月下旬、東京都北区のスーパー。特売で1袋(200グラム)15円のモヤシが売り出され、多くの人が買い求めた。近所の主婦(37)は「毎日のように色々な料理に使うので安いのはありがたい」。生産者が値上げを求めていることは知らず「利益は出ていると思っていた」と話した。

 「モヤシ部門は赤字。企業努力も限界です」。1日約20万袋を生産する旭物産=水戸市=の林正二社長(63)はため息をつく。7年前に作った工場は機械化を推し進めた。大量に使う水の質を向上させ、食品安全の国際認証も取得。だが値段には反映されず「こだわっても消費者には『モヤシはモヤシ』と見られてしまう」。

 林社長が理事長を務める「工業組合もやし生産者協会」によると、2009年に230社以上あった生産者は100社以上が廃業。協会は3月、値上げを求める声明文を取引先のスーパーなどの団体に送った。

 苦境の大きな要因は、国内消費量の大半を占める緑豆モヤシの原料の高騰だ。輸入元の中国ではより収益性の高い穀物への転作が進んで減産傾向。降雨による品質悪化も追い打ちをかけ、価格は05年の3倍近くになっている。

 一方、モヤシの平均小売価格(東京都区部)は同年から1割ほど下落し、今年4月時点で1袋30円。林社長は小売価格40円前後(納品価格25~30円)が適正だと訴える。


2017年6月5日11時8分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK653CM6K65UTIL00R.html

モヤシの製造ライン。従業員からは「一生懸命やっているのに赤字は悲しい」という声も聞かれるという=茨城県の旭物産小美玉工場
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170605000812_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170605001294_commL.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170605000814_commL.jpg

 

続きを読む